傳 光 録  第六章



第六章 第六祖弥遮迦尊者

第六祖弥遮迦 ( ミシヤカ ) 尊者、五祖ちなみに示して曰く、
佛、のたまわく。 仙を修し、小を学するは縄の牽挽するに似たり。
汝、自から知るべし。 もし小流をすつれば頓に大海に帰す。
当に無生を証すべし。師聞いて契悟す。



 

傳 光 録  第七章



第七章 第七祖婆須密多尊者

第七祖婆須密多 ( バシュミツタ ) 尊者、酒器を弥遮迦尊者の前に置き、
作礼して立つ。尊者問うて曰く、是れ我が器とせんや、
是れ汝の器とせんや。師、思惟す。 尊者曰く是れ我が器とせば、
汝が本有の性なり。もし、また汝が器ならば、我が法、汝当に受くべし。
師、聞いて大いに無生の本性を悟る。



ページ先頭へ

 

傳 光 録  第八章



第八章 第八祖佛陀難提尊者

第八祖佛陀難提 ( ブツダナンダイ ) 尊者、
七祖婆須密多尊者に値うて曰く。 今来つて師と論義せんと。
尊者曰く。仁者論ぜば即ち義ならず。義は即ち論ぜず。
もし論義せんと擬せば、ついに義の論に非ず。
師、尊者の義の勝れるを知って、無生の理を悟る。



ページ先頭へ

 

傳 光 録  第九章



第九章 第九祖伏駄密多尊者

第九祖伏駄密多 ( フダミツタ ) 尊者、佛陀難提の汝が言と心と親し、
父母も比すべきに非ず、汝が行と道と合す、諸佛の心即ち是れなり、
外に有相の佛を求めば汝と相い似ず、汝の本心を識らんと欲せば、
合に非ず、亦離に非ずと説くを聞いて、師乃ち大悟す。



ページ先頭へ

 

傳 光 録  第十章



第十章 第十祖脇尊者

第十祖脇 ( キョウ ) 尊者、伏駄密多尊者の左右に執侍すること三年。
未だ嘗て睡眠せず。一日尊者、修多羅を誦し、及び無生をのぶ。
師聞いて悟道す。



ページ先頭へ