無 門 関  第十一



第十一 洲勘庵主

趙洲、一庵主の処に到って問う、有りや有りや。主、拳頭を竪起す。

洲、水浅うして是れ船を泊する処にあらずと云って、すなわち行く。

また一庵主の処に到って云う、有りや有りや。主もまた拳頭を竪起す。

洲、能縦、能奪、能殺、能活と云ってすなわち作礼す。


 







 









ページ先頭へ