お札 全国へ郵送・発送

神光山成願寺に伝わりますお札は、200年前より、参拝者にご利用頂いています。
時代に伴い、「 今年は、参拝できないからお札を送ってくれないか 」などのご要望を頂く事が多くなりました。

お札の郵送には、地域により3〜4日かかることがあります。送料は、奉納者ご負担となっています。
お札の貼り方は、お札郵送マートの下部を参考にして下さい。見本写真をクリックすると拡大、またクリックして消去できます。

立春大吉 鎮防火燭 札( No.04 )

立春を喜び、火の用心に心がけます。
当寺では、節分会に配布しています。
禅寺では玄関の両脇に張られています。

サイズ84 × 255 mm


ご奉納料500 円 ( 一対 )


大般若ご祈祷 札( No.02 )

大般若経の転読によるご祈祷札です。
禅寺では正月三が日に、大般若経を転読して
ご祈祷しています。

サイズ89 × 255 mm


ご奉納料1,000 円


お守り匂い袋( No.06 )

京都香りの老舗、松栄堂の製品「匂い袋」にご祈祷をしましたので、 お守りとしてタンスはもちろん、バッグの中や車、玄関、お部屋の芳香剤としてもご利用頂いています。( 当寺では、寺カフェで使用 )

サイズ45 × 55 mm × 2個入り( 色の指定はできません )


ご奉納料1,600 円


蛭子(恵比寿)・大黒 札( No.03 )

開運・商売繁盛を司る七福神の2神で、
蛭子は恵比寿とも書き、
大黒天( 裕福の神 )と並び祭ります。  

サイズ182 × 256 mm


ご奉納料1,000 円 ( 一対 )


厄除けお札( No.01 )

お姿は、弘法大師で厄除け全般に用いられています。
お札の中に「風の神」とあるため、天災から風邪の予防まで、かなり古くから広い範囲で用いられています。

サイズ91 × 241 mm


ご奉納料300 円


円空作 善女竜王像 写真( No.05 )

円空学会から認定された当寺所蔵の善女龍王像の写真で、額に入れて飾られる。
昔、雨乞い祈祷の本尊に使用されたので、豊作祈願。胸に竜を抱いているので、海運安全に用いられる。

サイズ262 × 370 mm


ご奉納料1,400 円


お札の貼り方

お札の貼り方により、功徳の有無はありませんが、通例がありますのでご紹介します。
また、方角についても、同様になります。住宅事情により、異なります。
( いろいろな考え方に依り、貼り方も多種多様になっています )

お札の効力は、ご喜捨購入して頂いただけでもありますが、 そのお札を見ていただくことが多ければ多い程、効力を増します。
※ 番号の若い方が優先順位が高い。また、玄関が多いのは、禍いとか悪魔は、入り口から入りやすい事から。

厄除けお札 ( 神光山 成願寺 )

  1. 表玄関に向かって右側、目線の位置
  2. 玄関の内側の場合、右側か左側のどこか、目線の位置
  3. 仏壇があるところでは、仏壇内( 引き出しの中より外の方が良い )
  4. 仏壇がないところでは、台所、キッチンなど、目線の位置

大般若会祈祷札 ( 神光山 成願寺 )

  1. 仏壇があるところでは、仏壇内( 引き出しの中より外の方が良い )
  2. 仏壇がないところでは、台所、キッチンなど、多少目線の位置より上
  3. ご祈祷したい所に関する場所へ、やはり目線の位置より上がよい

蛭子大黒札 ( 神光山 成願寺 )

  1. 仏壇の近く
  2. 仏壇がない場合は、神棚でもよい
  3. 神棚もない場合は、台所、キッチンなど、多少目線の位置より上
  4. お金を出し入れする部屋、多少目線の位置より高い所
  5. ※ 当寺では、向かって大黒様が右側、蛭子様が左側ですが、逆の場合もあります。


立春大吉 鎮防火燭 札 ( 神光山 成願寺 )

  1. 表玄関に向かって右側に立春大吉、左側に鎮防火燭 札を目線の高さで貼ります。
  2. 玄関の内側の場合、右側か左側のどこか、目線の位置
  3. 台所、キッチンなど、目線の位置
  4. いずれのお札も、貼り方は、それぞれの住宅事情に合わせて下さい。 一般的には、薄糊で剥がれないよう貼りますが、もちろん、テープや両面テープでも構いません。( 外でテープの場合は、風ではがれやすい )