無門関 第三十三 非心非佛

馬祖道一禅師にある僧が問うた。『如何なるか是れ佛』禅師は、『非心非佛』と。

今日は、簡単です、これだけですから。説明をしなくて良いのだけど、この後のスペースを埋めなくてはならない。その方が難しい。

第三十即心即佛も馬祖道一禅師でした。そして、問も同じく『如何なるか是れ佛』でした。答え方が違うようですが、同じことを言っていることは、お分かりでしょう。どちらも佛を指し示しています。それでは、なぜ言葉が違っているのか?

例えば、東京へ行く行き方を尋ねられたら、新幹線、高速バス、車などいろいろある。また、車の場合、道は無数にある。途中はいろいろ有っても結果的に東京(佛)に着けばいい。それで、その人に合った方法を教えて上げればいい。馬祖禅師は、それをしていると言えます。

では、非心非佛と即心即佛は、どう違うのか。字から分かるように非佛は、佛に非ずで否定的、一方、即佛では、即ち佛だから肯定的という点が浮かび上がりますね。ではどう使い分けるのかと言えば、肯定的な人には、非心非佛といい、否定的な人には、即心即佛を使ったと思われます。だだ、その逆もありでしょうね。

この世の中は、相反することが同時に起こります。
諺に『肝は大きく心は小さく持て』というのがあります。これは、反対の事を言っていますが、分かりますか?大胆で細心の注意を払うなんて、無理だよ、という声が聞こえそうですが、どうしてでしょう。一方を取れば、他方を捨てると感じてしまうからでしょう。この場合、同時に両方を取り上げています。いわゆる、矛盾と言われる部分ですね。

それで、非心非佛と即心即佛は、矛盾のようでありながら同時に同じこと(佛)を表しています。

例えば、日本から見る月とアメリカから見る月は、見え方は違っても、同じ月に変わりはありませんね。それを、日本から見える月がホントで、アメリカから見える月は間違いだ、と言うのは、間違いな事がわかりますね。このように、この世の中、こんな感じで間違ってしまいます。『月に違いがない』事に気が付かなくてはなりません。アメリカでの人種差別の問題、宗教的紛争の問題は、この方程式にかけると、同じとなり、問題がなくなりますね?

日本人は、クリスマスを祝い(キリスト教)、除夜の鐘をつき(仏教)、初詣をする(神道)。これは、優柔不断ではなく、寛容の心を表しています。つまり、共存です。違ったもの同士がお互いを認めて、共に生活をすることができることに気がつかない。