無門関 第三十九 雲門話堕

第三十九 雲門話堕

雲門和尚にある僧が尋ねた。『光明寂照遍河沙』と言い終わらないうちに、雲門和尚は、確かその句は、張拙秀才の言葉じゃなかったか?と話しかけた。僧は、はいそうです。と答えた。雲門和尚は、話堕せり(そりゃ、落第だな)と言ったことが、題名になっていますね。

この後、死心和尚が「なんでこの僧は落第なのか」と私たちに問いかけています。まー誰でも思い付く事は、この僧、自分の言葉を使わずに、張拙秀才の言葉を引用しようとした所だろうと。

確かに、説明する時に引用を用いる事がいけない訳ではない。ただ、雲門和尚は、すかさずこの僧分かってないなと見抜いた。

禅という文字は簡単に示すと書かれています。(示す偏に単) それで一言二言で決まると言われています。話が長くなるのが分かったんですね。つまり、要点をつかんでないと判断された。

この無門関もなぜこんなに多くの問題が出ているのかと言えば、お悟りに迫る道のりにも色々ある事を示しています。ちょうど、山に登る登山道が三つや四つもあるように、どこから登っても頂上に着くように、切り口がそれだけある訳ですね。今回やっと三十九話になりました。今回、もし副題を付けるとしたら、「借り物はダメだ」と名づけられますかね。『光明寂照遍河沙』は、張拙秀才の言葉なので、自分の言葉で言わなきゃ、自分も救われない。人にも言えない。

さて、これだけの説明では、納得できないですね。それでは、この僧は、何と言えば、合格だったんでしょうか。まさか、この言葉は、張拙秀才の言葉じゃなかったか?と聞かれ、僧が、はいそうです。と言わず、いえ、私の言葉です、と言えば良かったなんて、思わないですよね。これは、修業時代にも老師からよく言われましたが、言葉だけいくら真似しても、あるいは、考えて言っても、何にもならない事をきつく言われます。要は、どう気が付いたか、そしてどのような境地か、を言わなくては、意味がない。

切り口は色々あるので、何でもよい。自分が考えていないとその時が来ない。ずっと考えていたことが、ひょんな事で分かる事は、皆さんも経験していると思います。考え続けることがなければ得られません。この僧、「張拙秀才の言葉じゃなかったか?」と聞かれた時、気が付くと良かったですね。何も気が付かなかったので、落第だ。その気付きがいつ来るかは、全く個人差に依ります。皆さんがこの僧ならどうしますか?当然、人の句は使わない事を学んだので、自分の言葉で勝負ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>