無門関 第三十七 庭前柏樹

第三十七 庭前柏樹

こちらのお話は、とても有名で、晋山式の公案にも出てくる時があります。
趙州和尚に僧が尋ねた。「如何なるか是れ祖師西来意」祖師とは、お釈迦様から代々受け継がれてきた方々、西とは、インドを指し、西から伝わって来た意味は、何ですかと尋ねたんですね。

要するに、佛法の大意とは何かと同じですね。西のインドから伝えたといえば、達磨大師のことですが、大師の心とは、何だったのでしょうか?
達磨さんで有名な言葉は、「無功徳」「不識」でしたね。武帝は、たくさんの仏塔を建てたりしたので達磨大師に尋ねた。「私は、どれだけの功徳があるか?」
「無功徳」と言われその意味が解からなかった。そしてもう一つ、「そう言う、あなたは、誰だ?」
「不識」知らないと応えられた。
達磨さんは、一所懸命に、答えられたが、武帝には、届かなかったという有名な話ですね。ここで言葉が意味する事や内容と受け取り方の違いで伝わらない事が分かりますね?

例えば、法事の後にうちでは、珈琲を入れることがありますが、その味を尋ねても、結局、その方の感覚と私との感覚が同じでなければ、いくら尋ねても正しい答えに行き着けない。不立文字、教外別伝 という句があります。簡単に言えば、文字を立てず、教え(文字に頼らず)の他(別)に心に伝える。今日は、こちらがテーマになるでしょう。

それで、趙州和尚は、何と答えたか気になるところですが、
題名になっているように「庭前の柏樹子」と。庭に植えてある柏の樹って何?という感じですね。それでいいと思います。これを柏の樹は何だ、前の庭は何だ。と考え出すと、迷いに入ります。が、入らないと分からないことが多いのも事実です。

ここが文字を立てない処になります。さて、それでは、何を指しているのか、気になりますね。宇宙と一体の自己とか本来の自己と言われる佛法を指しています。どうするとそれが分かるのかと言えば、坐禅をしたり、一所懸命に仕事したりして居ると、そのものと一つになる時節が来る。と、やっぱりそうかとなる。残念ながら死を逃れる事は出来ないし、生を願うこともできない、という宇宙と一体となる心。

ここでお分かりだと思いますが、言葉により憤慨したり、誤解したり、別の事になって伝わったりするのは、この心が会得・体得してないからとも言えそうですね。言葉によって判断するのでなく心ですると間違いが少なくなるのかもしれない。それ程、この心は大切なものとなります。言葉に騙されないように。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>