無門関 第四十三 首山竹篦

第四十三 首山竹篦

首山和尚は、竹篦を皆に示して、これを竹篦と言うと「則ち触る」といい、何も言わないでいると「則ち背く」と言われる。さて、それでは何と言えば良いのかというのが今回の質問になります。

このタイプの質問は、今までに何回もありましたね。
先ずは、竹篦ですが、師匠が弟子たちに指導する時に使う指示棒のようなものです。物は何でもよさそうです。それをAとしましょう。

例えば、「今度の海外旅行 Aは、参加しますか?」
と聞かれ、Aは、行ったことがないので行きたい、Aは、もう行ったから行かないとどちらも言ってはダメなんですね。どちらも「則ち触る」になるからです。それでは、尋ねられてその質問に答えないと「則ち背く」に当たってしまいます。それではどうするかというと、皆さんも使うことがあると思いますが、Aとは、言わず全く別の話題で、話して終わりにする。(笑)

「触る」も「背く」もクリアしていますからいいようですね。いいのですが、何がいいのでしょう。言い逃れをしただけの様に感じてしまいませんか?

さてそこで、この質問をして皆さんに何を感じて頂きたいのか、ここがポイントになります。

「おもてなし」という言葉が流行りました。「おもてなし」と言って、おもてなしをしてもそうならない事が多いですね。そうではなくて「おもてなし」をいかに表現するかという本質を心得てなければ相手に伝わらないでしょう。

お寺で先祖の供養する事も大切なおもてなしになりますね。おもてなしの心を表現したのが法要という形で表れています。考えてみて下さい。お霊供を上げる、供物を用意する、お寺にお布施してお経をあげる、お塔婆上げる、線香蝋燭を上げる、お墓にお花を上げる。どれをとっても尊い行いばかりですね。言葉では表現できないですね。これを、「不立文字」といいます。文字では伝わらない。そんな時、どう伝えますか?という投げかけですね。どんなことにも当てはまると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>